性被害とアフターピル

日本でも多くの人たちが性被害に遭っています。特に女性の被害者が多くいます。

内閣府がおこなった平成23年の調査で性被害に遭った女性の年齢は20代が35.1%と最も多くそれ以外にも学生時代に無理やり襲われてしますケースが後を絶たないのが現状です。

また、被害に遭った女性のほとんどが誰にも相談できなかったとのことでした。

性加害者は女性の弱みに付け込んでいるのではないでしょうか。そしてそのような残酷な事件が日本で起きているのです。

外国では自分の身を守るためにアフターピルを備えている女性もいると聞きます。
赤いカプセルの内服薬
外国では毎日性被害者が出ているというほど女性も用心が必要という意識が高いのです。

もしもの時に妊娠を回避するためです。日本でも自分の身を守るために多くの女性がアフターピルを通販で購入する人が増えてきた時代です。

世界からもアフターピルをお守り代わりに持っている女性もいるほどメジャーな避妊薬なのです。

アフターピルは女性ホルモンである黄体ホルモンから出来ていて排卵日を遅らせてくれる効果があります。つまり排卵日を遅らせることで妊娠を回避しているのです。

副作用などはこの黄体ホルモンを多く摂取してまったことで体が驚いてしまい起こる拒否反応なのです。なので副作用が出てしまうのはごく自然のことなのです。

しかし、今では副作用が出にくいアフターピルも出ているのです。それがアイピルというアフターピルです。

このアイピルは副作用が少なく、避妊効果も高いのです。また、日本ではジェネリック医薬品として認められている避妊薬なのです。

アイピルの製造会社は世界でも信頼度や薬品自体の質が高いインドのシプラ社という会社のため多くの女性から支持を受けていると言います。

彼との行為やいざという時の為にも事前に備えておくことが安心できるのではないでしょうか。