ピルって良い印象を持ってなかった…

アフターピルが守ってくれるものだと知らなかった

気になっている男性と食事をして、会話が弾んだり楽しいと感じると夜の情事になる事もあります。

人の欲望の一つである性欲が男性とのひと時で乗り上がってしまうこともあるのです。

食事を終えて、そのままその雰囲気でホテルへ男性の部屋に行き、情事を許すわけですが、女性として心配なのが、「妊娠」です。

相手がコンドームをつけていたとしても、コンドームが破れてしまって避妊に失敗したり、突然の出来事なので、相手がコンドームを持っていなく、そのまま生でする事もあります。

コンドームがなければ、女性としては「ダメ」と言うべきなのでしょうが、やはりムードを壊したくなく許してしまいます。

冷静に考えれたり、いつもならコンドームをつけないとセックスはしないと決めているのですが、お酒が入ったり、そういう雰囲気に飲まれるとコンドームとか避妊のことがどうしてもおろそかに考えてしまって、セックスに耽る事に夢中になってしまいます。

情事が終わり、翌朝ベッドで目をさますと昨夜の出来事を後悔します。

コンドームを装着してのセックスだった場合はそうは思いませんが、生でセックスをした時は、急に不安感に襲われます。

妊娠したらどうしようと言う恐怖でいっぱいです。

妊娠してないかという恐怖

そこでセックスから72時間以内にアフターピルを服用すると、、妊娠のリスクを抑えることができることを知っていたので、すぐさま病院に行きアフターピルを処方してもらいました。

ただ、アフターピルに頼るのではなく、基本はコンドームをしっかりとつけてセックスをするのが大事です。

いくら盛り上がっていても、いくら生で外で射精しても、妊娠のリスクは圧倒的に高いのが現状です。

望まない妊娠を避けるためには避妊はしっかりとするべきです。

また、こういう癖がついちゃうと、いつでも何かがあったらアフターピルに頼ればいい、という考えも芽生えてきちゃいます。

実際、私はアフターピルがあるからワンナイトでセックスをしても、アフターピルの存在が不安を取ってくれたりします。

本来、それは非常にまずい考えです・・・。

アフターピルを飲めば避妊しなくていいという最悪の考えになってしまいますが、アフターピルがあるから避妊しなくていいわけではありません。

仮に、妊娠を避けることができても、性感染症などの病気のリスクはありますし、薬による副作用も当然あります。

その事を知った上で、アフターピルがあるから大丈夫というわけにはいかないと私は思います。

ちょうど、アフターピルを服用するケースになった時、相手の男性も真っ青になり、早く飲めば効果は早いので、病院に行き処方してもらいなんとか私は妊娠を避けることができました。

アフターピルは、人口的に生理を起こさせて、妊娠しないようにするので生理が来れば、避妊は成功と言えます。

避妊成功の印

入手の方法は病院での処方で出してもらうのが一般的ですが、病院によっては、取り扱いをしていない病院もあります。
事前に調べておく事も重要です。

アフターピルは、避妊に失敗した時には有効な薬ですが、体へのリスクや負担などの代償も計り知れません。

私の場合はアフターピルを病院で処方してもらい、成功しましたが、成功しない例もあります。

それを十分に熟知して、相手の男性からも、コンドームをつけずに、セックスをした時のリスクを十分に理解してもらった上で、楽しいひと時を過ごしたらいいのではないでしょうか。

将来のことを考えていない、ひと時の情事でセックスする場合は、後々、生でして後悔することはたくさんあります。

気持ちいいい行為が結果として苦しみに変わることもありますので、十分にアフターピルのリスクなども男性女性理解して使用することが大事です。