性被害とアフターピル

日本でも多くの人たちが性被害に遭っています。特に女性の被害者が多くいます。

内閣府がおこなった平成23年の調査で性被害に遭った女性の年齢は20代が35.1%と最も多くそれ以外にも学生時代に無理やり襲われてしますケースが後を絶たないのが現状です。

また、被害に遭った女性のほとんどが誰にも相談できなかったとのことでした。

性加害者は女性の弱みに付け込んでいるのではないでしょうか。そしてそのような残酷な事件が日本で起きているのです。

外国では自分の身を守るためにアフターピルを備えている女性もいると聞きます。
赤いカプセルの内服薬
外国では毎日性被害者が出ているというほど女性も用心が必要という意識が高いのです。

もしもの時に妊娠を回避するためです。日本でも自分の身を守るために多くの女性がアフターピルを通販で購入する人が増えてきた時代です。

世界からもアフターピルをお守り代わりに持っている女性もいるほどメジャーな避妊薬なのです。

アフターピルは女性ホルモンである黄体ホルモンから出来ていて排卵日を遅らせてくれる効果があります。つまり排卵日を遅らせることで妊娠を回避しているのです。

副作用などはこの黄体ホルモンを多く摂取してまったことで体が驚いてしまい起こる拒否反応なのです。なので副作用が出てしまうのはごく自然のことなのです。

しかし、今では副作用が出にくいアフターピルも出ているのです。それがアイピルというアフターピルです。

このアイピルは副作用が少なく、避妊効果も高いのです。また、日本ではジェネリック医薬品として認められている避妊薬なのです。

アイピルの製造会社は世界でも信頼度や薬品自体の質が高いインドのシプラ社という会社のため多くの女性から支持を受けていると言います。

彼との行為やいざという時の為にも事前に備えておくことが安心できるのではないでしょうか。

ピルの種類いろいろ

ピルというと多くの人が避妊薬と思うかもしれませんが、その他にも女性の治療薬としても使われているのです。

確かにピルでも避妊効果が期待できることもありますがそれ以外にも生理不順や生理痛緩和、PMS(月経前緊張症)の軽減、多毛症、更年期障害、ニキビと言った治療にも使われているのです。

ピルはホルモン剤です。女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが成分として配合されているため女性特有の体の悩みに効果的なのです。

またピルにも、中・高用量ピルと言った病気の治療として使われているものがあります。

低用量ピルにはホルモンの量が少なく配合されていて生理系の治療に使われたり、避妊薬としてはもちろん、お肌の調子を整えると言った効果も期待できます。

低用量ピルには一相性・二相性・三相性とホルモン量が異なり3つに分けることができます。
3つの意味

現代では一相性と三相性が多く使われていて別の言い方では21錠タイプと28錠タイプのとも呼ばれています。

そしてアフターピルは避妊をしなかった、避妊に失敗してしまった後に服用することのできる緊急避妊薬です。このアフターピルは避妊に特化したピルと言っていいでしょう。

多くの女性は低用量ピルかアフターピルのどちらかを使って避妊をしています。

しかし以前は中用量ピルも避妊薬として使われていることもありましたが、副作用が強いということで改良されてきました。

そして避妊に特化したアフターピルができたのです。

低用量ピルの避妊効果は高いですが少量のホルモンを毎日決められた時間に服用をしなくてはいけません。

飲むこと忘れてしまうと妊娠をしてしまう可能性もあるのです。飲み忘れないことが大切なのです。

ピルにもいろいろありますが、どれも避妊はしてくれます。

しかし、服用の仕方がピルでも違うため服用方法を守り服用するピルを知ることが重要です。
私がピルのことを知る為に参考にしたサイトは「ピル通販便」です。